第6回公開講座を開催します。

第6回公開講座を以下の要領で実施します。

 

日時:2018年11月4日13:45~16:30

場所:愛知教育大学教育第二共通棟411教室 (ホームカミングデーの一環として開催)

プログラム:

【研究発表】
メタフィクションの教育的意義 ―『なめとこ山の熊』をメタフィクションとして読む―(本学大学院生 疇地一稀)
国語教材としての狂言(本学大学院生 三船友理子)
【パネルディスカッション 言語活動としての朗読】

(コーディネーター 有働裕)
(1)提言
小原亜紀子(愛知教育大学非常勤講師)
石田麻利子(フリーアナウンサー、朗読家)
(2)現場からの意見
平田賢佑(安城市立東山中学校)
市川信幸(豊明市立沓掛小学校)
(3)実演を交えての検討
協力 朗読グループ「朗読の森」
(4)いきなり朗読実践-あなたはどこまで表現できるか

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。